診療報酬Q&A

診療報酬について

診療報酬とは?

病院のお会計について、よく分からないと思っている方が多いのではないでしょうか?病院のお会計は「診療報酬」と呼ばれる一種の「定価表」をもとに算出しています。診察や検査、あるいは手術に至るまで病院で行われることに細かく「点数=定価」が決まっています。

診療報酬は厚生労働省の委員会で決定され、2年に1度改定されます。現在は、医療機関の会計時に領収証とともに診療内容の「明細書」を添付しており、どういったことに料金がかかっているか患者様も詳しく知ることができます。

当院での診察には以下のような診療報酬を算定させていただいております。参考になさってください。明細書で分かりにくいことがあれば受診時に遠慮なくお尋ねください。

「診察料」とは?
「診察料」とは、診察に対する料金です。
  • 初診料
    初めての診察に対する料金です。
  • 再診
    2回目以降の診察に対する料金です。ただし、一旦通院を中断され、期間が経ちますと初診の扱いとなります(目安:1年以上経過)
「処方箋料」とは?
「処方箋料」とは、処方箋の発行に対する料金です。
「採血料」とは?
「採血料」とは、血液を採取することに対する技術料です。
「検査料」とは?
「検査料」とは、検査を行うことに対する料金です。尿検査・血液検査など検査項目ごとに細かく料金が決まっています。
診断料といって、検査結果を解釈して患者さんに的確に説明するための料金が別途付加されます。
「慢性疾患療養指導料」とは?
「慢性疾患療養指導料」とは、糖尿病や高血圧など“慢性で継続的な治療が必要な病気” の治療に対する料金です。
お薬をお出しするだけでなく、病気の管理に必要なこと(例えば血圧の測り方や食事上の注意点、運動の仕方など)をお話しする必要があるため、診察とは別に料金が設定されています。
「在宅自己注射管理料」とは?
「在宅自己注射管理料」とは、注射を自宅で患者さん自身が行っていただくための様々な準備やお手伝いをすることに対する料金です。これに付随するものとして、以下の料金を加算する制度になっています。
  • 導入初期加算
    初めて注射を開始する場合や注射剤を変更したときに追加となります
  • 注入器加算
    再利用できる詰め替え型注射器を使い始めるときに器具代として加算されます
  • 血糖自己測定器加算
    注射を使用する患者さまで、ご自分で血糖値を測定する必要がある場合、医療機関から血糖測定に必要なものを支給します。測定する回数によって段階的な料金設定となっています。測定した血糖値の記録を残すことが求められます。