1型糖尿病と暮らす

糖尿病治療をする中で

春も終わりですけど

出会いと別れの季節です・・・

 

糖尿病治療をしていく中で色んな出会いがありまして

勝手に思い返してみました・・・

 

当時、通っていたクリニックの看護師さんの話です

その方は北海道出身で、乗馬が趣味で馬が大好きな茶髪の女性でした。

 

笑顔が素敵で、注射も上手で。

糖尿病の診断を受けてクリニックで大泣きした時や、

出された薬が合わなくて下痢が続いてしんどかった時、

すごく親身になって話を聴いてくれたのを覚えています。

いつも受診した時、あいさつしてくれるだけで安心できました。

私は”こんな女性になりたいな”と思いました。

 

中学生の頃はっきりした夢はなく、

未来の自分へ書いた手紙には、”未来の子供たちの役に立つ仕事に就きたい”

と、とても抽象的なことが書いてありましたが

 

今思えば・・・

「看護師」という職業を目指すようになったのはこの人との出会いがあったから

 

当時学生で通院するということがとても嫌だったけど、今は貴重な経験をしていたなって思えます。

現在あの看護師さんはどうしているかわからないし、そもそも私のことも覚えていないかもしれないです。

 

でも、人生ってこうやって選択して、将来が決定していくんだなって思った。

いい出会いをありがとう

 

出会いって不思議☆彡