1型糖尿病と暮らす

低血糖

ふと、自分の低血糖症状について振り返ってみました。

 

低血糖を経験したことがありますか?

インスリン注射や内服薬の関係で、経験したことがある方はいると思います。

 

低血糖の指導を行っていて、私がよくお話していること

それは必ずしも低血糖がみんな、同じ症状ということではないということです。

 

私は、脚が冷たくなって、地面に脚がついていないような感覚になることがあり、

ひどい時は、貧血のようなふらつきと、目の周りが急に明るくキラキラ光るようなことがありました

 

よくある低血糖症状:冷や汗、頻脈、手の震え、集中力の低下も経験したことがありますが、やっぱり個人差がでるんだなと身体で感じています。

 

「低血糖のリスクがある」と説明を受けた方は、”いつもと違うな・・・”と感じた時が大切です。

 

 

また、低血糖の対処はどんなものを摂っていますか?

 

ブドウ糖はあまりおいしくないし、10g摂ると血糖が上がりすぎてしまうことがあります。

私はラムネや原材料がブドウ糖のタブレットのお菓子を鞄に忍ばせています。

夜間の低血糖は、80Kcalの補食も☆

 

もちろん摂りすぎて高血糖になってしまったという失敗もあります。

 

特に夜中の低血糖は、”眠いのに何か食べないといけない”となると、

葛藤と、虚しさですごく悲しい気分になります。

一番苦手です。

 

血糖コントロール・・・難しい!